備前焼 の窯元 「備前一」
備前焼窯元 備前一 
HOME 備前焼について 備前焼が出来るまで 匠! 大平一誠 お問い合わせ
HOME»  匠! 大平一誠

匠! 大平一誠

 

備前焼陶工 大平一誠

 

【作家紹介】
備前焼陶友会会員、備前焼窯元「備前一」の当主でもある。
生年月日:昭和26年4月20日

【略歴】
  備前焼作家”大平誠之助”を父に持ち、また備前焼作家”大平孝昭”を兄に持つ。
  父誠之助が、1975年(昭和50年)備前市友延の天神山山麓を切り開き、5000平方メートルの敷地に窯、工房、展示室を作り、1978年(昭和53年)に備前焼窯元「備前一」を設立する。

  1982年(昭和57年)に父誠之助が亡くなり、次男である”一誠”が父の跡を継ぐ。それまでに父と兄に陶技を取得し、自らも作家となり、現在に至る。
  岡山県展での入選は15回。

 

■代表作

【窯変面取花入】

  窯の焚き溝で横にして焼いた希少な発色の花入です。
出てきて見ないと分からない偶然性の強い作品でもあります。
毎回出すのを楽しみにしている作品のひとつです。

作品名